毎日のスキンケアで気をつけている事

毎日のスキンケアで気をつけているのは、保湿に他なりません。
入浴後には直ちに化粧水を沢山使用して顔を潤わせます。それから化粧水の後は必ず美容成分が入っている乳液を使って、しっかり保湿しています。
ずーっと使用しているのは、ヘチマ水。
お値段もお手頃プライスなので、気軽にパシャパシャできます。顔から首、胸元と広い範囲に使えます。

 

 

 

このスキンケアを何年も続けていますが、肌に異常が出たことがありません。

 

私は子供を産んでからというもの、顔全体に吹き出物のようなものがたくさん出来てしまいました。産後に体質が変わってしまう話はよく耳にしてはいましたが、よもや自分が当事者になるとは思ってもみませんでした。母乳だけで赤ちゃんを育てていたので薬を使ってしまうと場合によっては赤ちゃんに副作用が出てしまうと思ったので、保湿をしっかりして肌そのものが持つ力だけでの改善を試みました。

 

子供のお世話はしなければならないことも多くありますが、毎日しっかりと保湿すると少しずつではありますが顔中にあったニキビのようなものは目立たなくなってきました。

 

 

日常生活では入浴により肌が乾燥します。入浴には美容効果もあり大切なのですが、入浴の仕方で乾燥肌になっていることがあります。
入浴の際の乾燥肌対策を紹介します。

 

1.熱いお風呂やシャワー入浴、長時間の入浴はしない。

 

温度設定は38〜39度が好ましく、20分以内の入浴が目安です。2・体を洗うときは優しくこすること。
タオルでごしごしせず石鹸をよく泡立て優しく洗う。

 

 

 

3.入浴後、保湿をする。そしてお風呂から上がったら、肌の水分が蒸発する前にすぐ保湿しましょうスキンケアは習慣として行っていますが、その中でも特に保湿は大事だと思っています。

 

入浴後は速やかにお肌が化粧水を吸収するようにたっぷりつけます。それからしっかりと、美容液も兼ねた乳液をなじませて化粧水の潤いを逃さないようにします。ずぅっと使用をリピートしているのが、ヘチマ水。
お値段も安いので残量を気にせずたくさん使えるのがいいですね。
顔から、首筋から胸元まではたきかけます。
この化をはじめてからお肌に何年もトラブルはありません。

 

春夏秋は乾燥で悩むことがない方でも気になりますよね。発熱系素材の肌着を着用する時期になるとお肌がカサカサになります。
発熱系素材の肌着は特性上、肌の水分を吸収してそれを使って発熱するのですがいつもは乾燥肌でない私もひどい乾燥肌になってしまいます。ヒートテックなどの洋服を着てみて乾燥が気になるようでしたらヒートテックが原因かもしれません。

 

 

外出前・帰宅後にはクリームなどで必ず保湿しましょう。ホルモンバランスの乱れが起因しているのか、産後に肌がひどく荒れるようになりました。元々乾燥肌でしたが、化粧水をつけると肌がヒリヒリするようになりました。

 

そういうわけで、刺激に弱い乾燥性敏感肌さん向けの化粧品を使うようにし肌を触りすぎないように気をつけて、化粧水とクリームの2ステップだけでスキンケアを続けたところ、悪くなるどころか見事に肌のコンディションが復活しました。

 

産後はスキンケアしているほど時間に余裕もないので時短とケアが叶ってよかったです。

 

 

私の場合は頬が乾燥、額は油性…典型的な混合肌ですが、スキンケアの基本とされる「擦らない洗顔、洗顔後の保水&保湿」を手を抜かずにしっかり丁寧に、素早く行うことで改善してきました。

 

 

自分の肌と相性の良い洗顔料、スキンケア用品などを選び取る事も勿論必要なことですが、それはあくまでも「基本がしっかりできている」からこそ出来ることなのだと実感しました。

 

面倒なので基本を守らずに済ませてしまうこともありますが、その場合は当然ですが再び混合肌が出現…どんな時でも基本は守るもの!の心掛けが大事!もうすぐ秋も終わり、寒い寒い季節がやってきます^^;寒い季節のスキンケア対策はばっちり!という方は、どれほどいるでしょうか?冬場は肌が乾燥しやすかったり敏感なタイプの方には嫌な季節ですよね。スキンケアでもっとも大事なこと、それは「保湿」です。

 

 

美容関係のコラムなどでも頻発に出てくるワードですが、冬場は特別保湿に努めましょう。冬の寒さからお肌を守るために、例えばマスクやマフラーで顔を覆うようにしたり、体を動かして発汗させることも大切です。

 

 

 

また"弱酸性"の化粧水を使うことで、さらに潤いアップできます。今冬は透き通るような潤いのある美肌を頑張って作り上げましょう!私がスキンケアで最も大事に考えていることは、1番目のスキンケア商品が浸透したら2番目を、2番目が浸透したら3番目を…ときちんと浸透するのを待つことです。

 

 

 

初めに洗顔後にタオルで拭いた顔に化粧水をパッティングします。

 

このあとすぐに美容液をつけるのではなく、初めの化粧水がきちんと肌に馴染むまで待つ必要があります。美容液をつけるのは化粧水が肌に馴染んだと感じられてからです。美容液も化粧水の時と同じように馴染むまで待ちます。
そして肌に馴染んだと感じたら、最後に保湿クリームを塗ります。短時間でお手入れを済ませてしまうよりも肌の調子が良くなりますよ♪お肌のお手入れの基礎となるのが顔の洗い方です。

 

洗顔方法を正しく学ぶことが、手っ取り早くきめ細やかに整ったお肌が手に入るのです。洗顔を水で顔を擦るように洗うのを想像するかもしれませんが、これはやってはいけない洗顔方法です。洗顔は良く泡立てた洗顔フォームを使用してこそ、正しい洗顔と言えます。指先が顔に直接当たらないように、泡をクッションのようにしてクルクルと優しく撫でるだけで正しく顔を洗うことができます。
洗顔したらできるだけ早く化粧水を使用し、乳液あるいは美容クリームを使用して、保湿することも大切です。